Entry: main  << >>
3月11日公演します!
 

3月11日 金曜 夜7時半から京都市北文化会館ホールで、バンスリ池田剛、シタール岩下洋平、タブラとパーカッション上坂朋也、コンピューターミュージック西村淳 のライブ演奏とのコラボで公演します。古典作品集、ミュージシャンのセッション、ワークショップ形式のパダム、そしてインドコンテンポラリームービーダンスといろいろなことをやります。京都市主催の無料公演、地下鉄北大路駅すぐでアクセスも良いので是非お越し下さい!一番の実験的プログラムはパダムのワークショップ「 たけくらべ」です。明治の夭折の女流文学者 樋口一葉の作品とオーバーラップさせてインド舞踊古典の少女が大人になる哀しみを伝えたいと思ってます。あらためて「たけくらべ」を読んでみますと日本語が歌のように流れて響き、日本語って音楽的だと感じます。ステージ、SHOUは共感する事、次はどうなるの?がポイントだと思うので、なんとかそういう作品にしたいです。踊った後、「おもしろなかったわー!」という本音感想はなかなか聞けませんが、私が今までいただいた感想で嬉し かったのは「自分が踊ってるみたいな感じが起こって気持ちよかった」というお言葉です。インド舞踊はタフでハードなダンスですが辛い力仕事をお見せして疲れを観客の皆様と分かちあわないようにと思います。それからヘナアートを楽癒館の村田崇さんにお願いして踊る予定です。 パダムは浴衣を着て踊るつもりです。まだまだ構想、変生中ですが是非3月11日金曜夜にお会いしましょう!(そうそう、パダムとはシュリンガーラ、神への愛を主題にした物語作品です。こう書くと宗教色が強そうですが、大胆でストレートで分かりやすい愛の歌です。) 宮田幸子
| dcdunamis | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode