Entry: main  << >>
大女優マレーネ デートリッヒの目力



視線ドリシティのお話から、今回は1901年生まれのハリウッドスター、50歳過ぎてからは歌手としてSHOWビジネスの世界で成功したマレーネ デートリッヒのお話を。娘のマリアによると、彼女の眼力は強烈かつ魅惑的で、獰猛な犀が突進してきても、彼女に見つめられたら歩みをとめておとなしくなるはずだと伝記に書いてあった。[実験はしていない。]
私はレトロな時代が好きで思春期の頃、デートリッヒの映画をよく見ました。
モロッコの場末の歌姫の仕事に船でやってきた彼女に大金持ちの紳士が「何かあればいつでも」 と名刺を彼女に渡す。と、デートリッヒは名刺をそれはそれは優雅に破いて片手の平にのせて、フっと息ふきかけて海にむかって吹きとばしてしまう。その紳士の目の前で。
このしぐさが好きなので振り付けに使ったりした事あります。ヒップホップでもときどき所作を振りにしますよね。マイケルジャクソンがポケットから櫛取り出して髪なでつける振りとか。
この間のインディアメラのラストではスラムドッグミリオネアのヒロインの辛い人生の傷跡である頬の傷を、そっと指でなぞる振りをラストに入れてみたりしました。目力の話から振り付けの話になってしまいましたね。数秒の所作に生きる。それがアビナヤ。伝える。何してるか、心を伝える。
| dcdunamis | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode